出産内祝いのマナーをチェック【ライフスタイルを考えて選ぶ】

雛人形

雛人形の選び方

雛人形を購入したいと考えているけれど、置くスペースがなかなかない、と考えている方も、最近の雛人形は狭いスペースでも置けるようなコンパクトなものもたくさんあるので、まずはどんな種類のものがあるのか実際に見ることをおすすめします。

詳しく見る

ランドセル

小学校入学前のプレゼント

子供にとってランドセルとは、新しい時代や生活の象徴でもある。なので、ランドセルを選ぶ際は後悔しないためにも、子供とよく相談し、色、丈夫さ、サイズ、また重さや価格などのポイントをよく考えてから選ぶべきだ。

詳しく見る

赤ちゃん

喜ばれる内祝い

出産内祝いで喜ばれる品はカタログギフトです。相手に喜んでもらいたいという気持ちが大切です。産後間もないお母さんでも贈るものを迷わず、贈られた方も自分の好きなものを選べる大変便利なものです。心のこもったお祝いには、心のこもったお返しをしましょう。

詳しく見る

出産祝い

出産祝いとお返し

出産祝いをもらった場合には、出産内祝いを贈ることがマナーとなっている。贈る時期は、産後1カ月程度経った後でも良いとされており、相場額としては出産祝いの半額程度が目安となっている。また、メッセージカードや熨斗をつけるなどをした方が良い。

詳しく見る

雛人形

どこで購入するか

雛人形の購入方法にはいくつか選択肢があります。代表的なのは、デパートで購入する方法です。高価ですが選りすぐりの高品質な製品が魅力です。また人形専門店であれば、形式も値段も種類が豊富で選ぶ楽しみがあります。他にネットショップで購入する方法もあり、お店が近くに無い場合や気軽に選びたい場合などに最適です。

詳しく見る

相手思えばいい品みつかる

ギフト

楽しんでみつけよう

出産内祝いを何にするか悩む方は多くいます。一般的には、いただいたお祝いの三分の一が相場といわれています。関西にお住まいの方は相場より奮発する地域もあります。出産内祝いのお返しの時期は一般的に産後1か月後、お宮参り後に送るのがマナーです。現在では、出産内祝いに贈ってはいけないタブーな品は少なくなっていますが、地域などによって特有なマナーがないか確認することが大切です。出産内祝いは、相手の性別、家族構成、年齢やライフスタイルを考えて選ぶことがポイントです。どんな相手にも喜ばれるのは、日持ちするお菓子と紅茶やコーヒーの詰め合わせです。赤ちゃんを連想させるようなポップな色合いや、かわいい形のものも出産内祝いにぴったりです。お子さんがいる家庭であれば、たくさんあっても困ることはないタオルやハンカチ、ジュースなども人気です。年配で、子どもが独立されている方や一人暮らしの方には、量よりも、質が高く、使い切れる身体によい調味料や海産物、お酒などが人気です。本当に何を選んでいいかわからないという場合は、定番のカタログギフトがおすすめです。カタログギフトも種類が豊富にあり、食べ物が多めのタイプや、雑貨が豊富なものもたくさんあります。贈る方をイメージして、喜んでもらえそうなカタログギフトにすることがポイントです。出産内祝いは商品に名入れする方も多くいますが、後に残るものに名を入れるより食品などに入れる場合が一般的です。今は商品の中に名入れカードがついているものもあります。

Copyright© 2018 出産内祝いのマナーをチェック【ライフスタイルを考えて選ぶ】 All Rights Reserved.