出産内祝いのマナーをチェック【ライフスタイルを考えて選ぶ】

出産祝いとお返し

出産祝い

マナーについて

出産後、親戚や友人などから出産祝いをもらうケースがある。これらの出産祝いをもらった場合には、出産内祝いとしてお返しを行うことがマナーとなっている。出産においては、産後の身体の回復や赤ちゃんを迎え入れることで忙しくなることが多く、出産内祝いを直ぐに返せないケースが多い。その為、出産内祝いについては出産後1カ月程度あとにお返しを贈ることでもマナーとしては問題ないものとなっている。また、出産内祝いの贈り物を選ぶ際、その相場額としては出産祝いの半額程度の贈り物を贈ることがマナーとなってる。逆に、出産祝いの額を超えるお返しをすることはマナーとして問題とされるケースもあるため、出産祝い額の範囲内でのお返しとすることが良いとされている。出産内祝いでは、友人と親戚や両親などお返しを贈る人毎に贈り物を分けると良いということもある。身内では、赤ちゃんの写真や名前が入ったものが喜ばれる傾向にあるが、友人などではそうでないケースもある。その為、贈る相手によって贈るものを分けて考える方が良い。特に友人などでは、食品など消費できる者の方が喜ばれる傾向にあり、親戚などでは形として残るものが喜ばれる傾向にある。その他、贈り物を贈る際にはメッセージカードを添えることや熨斗を付けた状態で贈るなどもマナーとなっている。特に高齢者などでは、これらのマナーに厳しい人も多いため、最低限の形での贈り物とする方が良いとされている。

Copyright© 2018 出産内祝いのマナーをチェック【ライフスタイルを考えて選ぶ】 All Rights Reserved.